ソウル・フラワー震災基金|ソウルフラワー震災基金について | 基金のお願い収支報告最新情報&コラム



ソウル・フラワー震災基金について

ソウル・フラワー震災基金」に関しての
お知らせとお願い

私達、ソウル・フラワー・ユニオンは同じ関西に住む人間として何かできないかと考え、現地で積極的にボランティア活動を続けている人達と連絡をとり出前ライブ等の活動を続けています。

震災にかかわっての活動は、行政(国家)が「平等」の美名の下、お年寄りや障害者、在日外国人等に、いかにしんどい生活を強いているのか、を私達に否応なく教えてくれました。そして、これは正に数年間解決を見ずにやり過ごしてきた「日本問題(我々側の問題)」そのものなのです。

私達の小さな組織でどれだけのことができるかはわかりませんが、賛同してくださった皆さんには

  1. 集まったお金は在宅看護が必要な老人や身体障害者の為だけに使うこと。
  2. 集まったお金は私達が責任者として現地の状況を見た上で、直接、施設やボランティアの人に渡すこと。
  3. 集まったお金の決算や使い道については私達の機関誌である「魂花時報」 および「オンライン魂花時報(本サイト)」で、又、必要とあらば個人に明確に知らせること。

以上を約束します。

ライブ会場以外で賛同してくれる方の振り込み先は、[ こちら ] へお願いします。

ソウル・フラワー・ユニオン
伊丹英子


開発の美名の下、人間(国家)が自然を「いじめ」続けたツケが最悪の形で跳ね返ってきているような気がします。また、今回の大震災で国家というものが如何に実体のないものなのかもハッキリしました。被災者同士の思い合うつながり、ボランティアの人々の暖かい行動力に、あるべき人間の実体を見たような気がします。立て掛けていた鏡がこなごなに割れ、CD等が散乱し、揺れの恐怖を実感として受け止めた我々にとって、阪神地方の人々が置かれている現状は他人事と思えません。

自分の無力に徹してあらゆる手段を使う((c)小田実)」

人々の"つながり”をもっと“立体的”なものにしたいと思います。まずは自分に出来ることから。

ソウル・フラワー・ユニオン
中川 敬


top


基金のお願い

ライブ会場以外で賛同してくださる方は、以下の振込先へお願いいたします。

京都銀行山崎支店(店番号523) 
普通口座 786282
「ソウル・フラワー震災基金」


top


copyright(c) SOUL FLOWER OFFICE, All Rights Reserved.
MORE INFO : konge@breast.co.jp