「ソウルフラワー震災基金」1995〜2010年 収支報告

1995年 : 震災基金設立
◆基金収入321万9136円

◆ライヴ収益198万5995円
 「ソウルフラワー震災基金収奪ギグ」「つづら折り」など
 収入計:520万5131円

◆支出
 ・自立身体障害者支援団体支援(阪神障害者解放センター、
 すばる社)100万円
 ・避難所での個人に寄付(ラジオ・テープ・乾電池など)
 4万1000円

◆プール金:416万4131円
この頃は、まだ避難所に負傷した方もたくさんいました。物資も山のように届くところとそうでないところがあり、私が懸念していた「迷惑をかけたくない」と崩れかけた家に住むお年寄りもたくさんいて、ボランティアの人と話し合って、そういう方に直接必要な物を持っていったりもしてもらいました。


1996年
◆基金収入:147万3358円

◆支出
 ・仮設住宅支援物資&炊き出し支援 28万5324円
 (西宮市枝川仮設、加古川東仮設、淡路島北淡仮設など6カ所)

◆プール金:535万2165円
震災1年目、仮設住宅ができたものの、抽選だった事もあり、火事が多かった長田では完全にお年寄りのコミュニティーが破壊され、隣に住んでた人の消 息もわからないという状態でした。そこで作った祭りが「つづら折りの宴 長田神社」でした。このイベントは、モノノケがライヴハウスでもらったギャラとみんなからの寄付で作られたので、この震災基金は使っていません。


1997年
◆基金収入:84万4242円

◆支出
 ・仮設住宅への炊き出し支援団体への支援 10万円

◆プール金:609万6407円

1998年
◆基金収入:177万2436円

◆支出
 ・仮設住宅(西神第七、加古川東など6カ所)54万1902円
 ・震源地、被災者懇談会への支援 各20万円(合計40万円)
 ・仮設住宅草刈り支援 10万円

◆プール金:682万6941円
仮設住宅は、住人の繋がりがとてもうまくいっているところと、そうでないところとにはっきり分かれていたように思えました。ひどいところでは12日に1人が孤独死するような状況でした。そういった仮設で、一人暮らしのお年寄りにできるだけ家から出て来てもらうために、モノノケの演奏&炊き出しは有効だったと思います。


1999年
◆基金収入:25万6285円

◆支出
 ・一人暮らしのお年寄りのための配食サービス立ち上げ
  すたあと長田支援 150万円

◆プール金:558万3226円
復興住宅の建設が始まり、住んでいる人の顔がますます見えなくなり、お年寄りの孤独死、自殺が頻繁に起りました。「すたあと長田」が始めたお年寄りに向けた配食は、重い鉄のドアを開けてもらうには一番の方法だと思い大支援しました。


2000年
◆基金収入:25万565円

◆支出
 ・長田区西尻池高齢者用復興住宅復興住宅支援 30万210円

◆プール金:553万3581円

2001年
◆基金収入:14万8412円

◆支出
 ・お花見会(在宅高齢者と障害者のレクリエーション活動支援) 5万円
 ・すたあと長田支援 15万円

◆プール金:548万1993円

2002年
◆基金収入:9万6433円

◆支出
 ・すたあと長田支援 10万円
 ・在宅高齢者と障害者のレクリエーション活動支援 5万円

◆プール金:542万8426円

2003年
◆基金収入:8万6044円

◆支出
 ・火事により焼けた長田の障害者作業所再建支援 30万円

◆プール金:521万4470円

2004年
◆基金収入:10万3519円

◆支出
 ・すたあと長田移転に伴う支援 100万円

◆プール金:431万7989円

2005年
◆基金収入:8万5859円

◆プール金:440万3848円

2006年以降
◆基金収入:48万5801円

◆支出
 ・障害者の人による運動会支援 30万円
 ・長田夏祭り支援 5万円

◆2011年3月現在プール金:453万9649円