PROFILE

  • SOUL FOWER UNION
  • SOUL FOWER MONONOKE SUMMIT
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
ENGLISH KOREAN

1995年1月の阪神淡路大震災の直後、関西を活動拠点とするロック・バンド ソウル・フラワー・ユニオン は、伊丹英子の発案で、被災地での「出前慰問ライヴ活動」を開始。日本・沖縄・アイヌ・朝鮮の民謡、壮士演歌、労働歌、革命歌、はやり唄などをチンドン・ミュージック・スタイルで演奏する、 ソウル・フラワー・モノノケ・サミット として、ソウル・フラワー・ユニオンと同時並行活動を始める。

震災当時少なからず行なわれていた数多のチャリティー・コンサートと違い、何よりも事態の緊急性と被災地の現状を最優先した手作りの演奏活動は、現地ボランティア・スタッフらとの密な連携により、継続的に行なわれている。震災後の一年間だけでも、その演奏回数は優に100回を越える。また、時を同じくして伊丹英子によって設立されたソウル・フラワー震災基金も、他の既成組織に基金を委ねるのではなく、現地の実状を精査した上で、責任をもって直接、施設や現地ボランティア・スタッフに渡すという、現場の状況を正確に見据えた現実的にコミットする方法を選んでいる。

震災直後の当初、ライフラインが寸断された被災地で演奏する為、エレキ・ギターを沖縄の三線(さんしん)に、マイクをメガホンに変え、チンドン太鼓やチャンゴ、アコーディオン、クラリネットといった、電気を必要としない楽器を使用。年輩や子供達へ向けて選出された独自解釈を加えた雑多なレパートリーは、近世日本音楽の闇部を射抜く、「闇のジュークボックス」とでも形容できる新芸能へと昇華させている。そして、多くの出逢いを生んだ被災地での活動を通して、<満月の夕><あまの川><潮の路><荒れ地にて><そら>といった、ソウル・フラワー・ユニオンの数々の名曲が誕生している。

1996年にファースト・アルバム『アジール・チンドン』を、1997年にセカンド・アルバム『レヴェラーズ・チンドン』を、2006年には、待望されていた9年ぶりのサード・アルバム『デラシネ・チンドン』をリリースしている。

2007年、新たな米軍基地建設が計画される沖縄・辺野古のビーチにて ピース・ミュージック・フェス を企画・出演。
その模様を記録した、初のライヴDVD『ライヴ辺野古』を2008年にリリースしている。

被災地に始まり、障がい者イベント、寄せ場(ドヤ街)、市民運動、反戦運動の現場など日本全国の様々な祭りや、北朝鮮・平壌(96年)、中国返還直後の香港(97年)、ベトナム・ダナン(97年)、フィリピン・スモーキーマウンテン(97年)、東ティモール独立祝賀祭(02年)、フランス・ツアー(02年)、台湾(04年)、ヨルダン・パレスチナ難民キャンプ(05年)、台湾(13年)などなど、国内にとどまらず、唄と踊りが熱望されるヤチマタで祭りを創出し続けている。

2013年現在、メンバーは、中川敬(唄&三線)、伊丹英子(島太鼓、チャンゴ、三板)、奥野真哉(アコーディオン)、大熊ワタル(クラリネット)、林道代(チンドン太鼓)、河村博司(ベース)、伊藤孝喜(ドラム)、中里かおり(ピアニカ)らを中心に活動している。