[ ホームライブラリ「演奏の記録」一覧 ]
ソウル・フラワー・ユニオン
2002/10 LOVE ± ZERO TOUR



date2002/10/03
titleLOVE ± ZERO TOUR
place福岡 DRUM Be-1
membersソウル・フラワー・ユニオン【中川=ギター/三線/ヴォーカル、奥野=キーボード/コーラス、河村=ベース/コーラス、コーキ=ドラムス、山口洋=Eギター/Aギター/「BRAND NEW DAY/WAY(オリジナルはヒートウェイヴ)」ヴォーカル】
setlist
1、世紀のセレナーデ
2、タンザニアからパタゴニアまで
3、サヴァイヴァーズ・バンケット
4、クレイジー・ラヴ
5、リキサからの贈りもの
6、フリー・バルーン
7、パンチ・ドランカーの夢
8、オーマガトキ
9、オクノシンヤのオルガンジャズ・コーナー
10、ビッグ・アップル〜戦火のかなた
11、風の市
12、荒れ地にて
13、チャーリー・ドント・サーフ
14、ブルー・マンデー・パレード
15、BRAND NEWDAY/WAY
16、乳母車と棺桶
17、殺人狂ルーレット
18、海行かば山行かば踊るかばね
【EC1】
1、満月の夕
2、こたつ内紛争
【EC2】
1、外交不能症
2、DO YOU WANNA DANCE?

date2002/10/04
titleLOVE ± ZERO TOUR
place大阪 心斎橋BIGCAT
membersソウル・フラワー・ユニオン【中川=ギター/三線/ヴォーカル、奥野=キーボード/コーラス、河村=ベース/コーラス、コーキ=ドラムス、山口洋=Eギター/Aギター/「BRAND NEW DAY/WAY(オリジナルはヒートウェイヴ)」ヴォーカル、内海洋子=ヴォーカル/コーラス/チンドン/パーカッション】
setlist
1、ソウルフラワー・クリーク
2、タンザニアからパタゴニアまで
3、サヴァイヴァーズ・バンケット
4、クレイジー・ラヴ
5、リキサからの贈りもの
6、パンチ・ドランカーの夢
7、BRAND NEW DAY/WAY
8、さよならだけの路地裏
9、オクノシンヤのオルガンジャズ・コーナー
10、ビッグ・アップル〜戦火のかなた
11、風の市
12、荒れ地にて
13、チャーリー・ドント・サーフ
14、ブルー・マンデー・パレード
15、ノスタルジア・シンドローム
16、乳母車と棺桶
17、殺人狂ルーレット
18、海行かば山行かば踊るかばね
【EC1】
1、満月の夕
2、エエジャナイカ
【EC2】
1、こたつ内紛争
2、外交不能症

date2002/10/06
titleLOVE ± ZERO TOUR
place名古屋Electric Lady Land
membersソウル・フラワー・ユニオン【中川=ギター/三線/ヴォーカル、奥野=キーボード/コーラス、河村=ベース/コーラス、コーキ=ドラムス、山口洋=Eギター/Aギター/「BRAND NEW DAY/WAY(オリジナルはヒートウェイヴ)」ヴォーカル/ハープ】
setlist
1、世紀のセレナーデ
2、タンザニアからパタゴニアまで
3、サヴァイヴァーズ・バンケット
4、クレイジー・ラヴ
5、リキサからの贈りもの
6、フリー・バルーン
7、パンチ・ドランカーの夢
8、オーマガトキ
9、オクノシンヤのオルガンジャズ・コーナー
10、ビッグ・アップル〜戦火のかなた
11、風の市
12、荒れ地にて
13、チャーリー・ドント・サーフ
14、ブルー・マンデー・パレード
15、BRAND NEWDAY/WAY
16、乳母車と棺桶
17、殺人狂ルーレット
18、海行かば山行かば踊るかばね
【EC1】
1、満月の夕
2、こたつ内紛争
【EC2】
1、エエジャナイカ
2、DO YOU WANNA DANCE?
3、外交不能症

date2002/10/08
titleLOVE ± ZERO TOUR
place仙台 CLUB JUNK BOX
membersソウル・フラワー・ユニオン【中川=ギター/三線/ヴォーカル、奥野=キーボード/コーラス、河村=ベース/コーラス、コーキ=ドラムス、山口洋=Eギター/Aギター/「BRAND NEW DAY/WAY(オリジナルはヒートウェイヴ)」ヴォーカル】
setlist
1、ソウルフラワー・クリーク
2、タンザニアからパタゴニアまで
3、サヴァイヴァーズ・バンケット
4、クレイジー・ラヴ
5、リキサからの贈りもの
6、パンチ・ドランカーの夢
7、BRAND NEW DAY/WAY
8、さよならだけの路地裏
9、オクノシンヤのオルガンジャズ・コーナー
10、ビッグ・アップル〜戦火のかなた
11、風の市
12、荒れ地にて
13、チャーリー・ドント・サーフ
14、ブルー・マンデー・パレード
15、ノスタルジア・シンドローム
16、乳母車と棺桶
17、殺人狂ルーレット
18、海行かば山行かば踊るかばね
【EC1】
1、満月の夕
2、エエジャナイカ
【EC2】
1、こたつ内紛争
2、外交不能症

date2002/10/10
titleLOVE ± ZERO TOUR
place新宿 LIQUID ROOM
membersソウル・フラワー・ユニオン【中川=ギター/三線/ヴォーカル、奥野=キーボード/コーラス、河村=ベース/コーラス、コーキ=ドラムス、山口洋=Eギター/Aギター/「BRAND NEW DAY/WAY(オリジナルはヒートウェイヴ)」ヴォーカル】
setlist
1、世紀のセレナーデ
2、タンザニアからパタゴニアまで
3、サヴァイヴァーズ・バンケット
4、クレイジー・ラヴ
5、リキサからの贈りもの
6、フリー・バルーン
7、パンチ・ドランカーの夢
8、オーマガトキ
9、オクノシンヤのオルガンジャズ・コーナー
10、ビッグ・アップル〜戦火のかなた
11、風の市
12、荒れ地にて
13、チャーリー・ドント・サーフ
14、ブルー・マンデー・パレード
15、BRAND NEWDAY/WAY
16、殺人狂ルーレット
17、乳母車と棺桶
18、海行かば山行かば踊るかばね
【EC1】
1、満月の夕
2、エエジャナイカ
【EC2】
1、こたつ内紛争
2、外交不能症
【EC3】
1、DO YOU WANNA DANCE?

date2002/10/11
titleLOVE ± ZERO TOUR
place新宿 LIQUID ROOM
membersソウル・フラワー・ユニオン【中川=ギター/三線/ヴォーカル、奥野=キーボード/コーラス、河村=ベース/コーラス、コーキ=ドラムス、山口洋=Eギター/Aギター/「BRAND NEW DAY/WAY(オリジナルはヒートウェイヴ)」ヴォーカル、内海洋子=ヴォーカル/コーラス/チンドン/パーカッション】
setlist
1、ソウルフラワー・クリーク
2、世紀のセレナーデ
3、サヴァイヴァーズ・バンケット
4、クレイジー・ラヴ
5、リキサからの贈りもの
6、フリー・バルーン
7、パンチ・ドランカーの夢
8、さよならだけの路地裏
9、オクノシンヤのオルガンジャズ・コーナー
10、ビッグ・アップル〜戦火のかなた
11、風の市
12、荒れ地にて
13、チャーリー・ドント・サーフ
14、ブルー・マンデー・パレード
15、ノスタルジア・シンドローム
16、BRAND NEW DAY/WAY
17、殺人狂ルーレット
18、乳母車と棺桶
19、海行かば山行かば踊るかばね
【EC1】
1、満月の夕
2、エエジャナイカ
【EC2】
1、こたつ内紛争
2、DO YOU WANNA DANCE?
撮影:ERI SHIBATA
The Audience's Voice
【 10.3 福岡DRUM Be-1 】
●最高だったばい!
予定開始時刻を若干過ぎ、ステージにおもむろに登場して中川、「ソウルフラワーユニオン!、山口ひろし先生!」と自己及びゲストの紹介。そしていきなし「世紀のセレナーデ」でライブがスタート。
決して人口密度の高くないフロアでいい位置を確保していた僕の視界に、曲と同時に視界を遮る巨大な人物(負けた!僕の何倍もユニオンの歌を聴き、何倍も熱烈にユニオンを愛し続けている人なんだ、きっと。)の出現と強烈なノリに多少戸惑いつつも宴は期待通りにスタートした。 続いて「タンザニアから〜」、「サバイバーズバンケット」、「クレイジーラブ」とご機嫌なナンバーを一気に演ってくれ、極めていい感じだ。
涙出そうになり、震えるほどな感覚になったのは「ビッグアップル〜戦火の彼方」のレゲエメドレーの部分と、やはり後半の怒涛の展開だった。ラストの「海行かば〜」はどう考えても名曲ばい!
アンコールにも丁寧に応えてくれたユニオンに感謝。ありがと!「満月の夕」はもちろん、ニューエストのナンバーもご機嫌で、大満足のライブでした。
ひとりドラムB-1を出て、腹が減っていることに気付いた僕はようやく長浜ラーメンの屋台を探し当てて、ビールで乾杯してラーメン食った。満月の夜、ではなかったけど、素敵な夜でした。
<カイザー(熊本)>
【 10.11 東京LIQUID ROOM 】
●気がついたらソウルフラワーライヴ歴12年。
行かなかった10日のメニューを見ると、あまり翌日と変わらないようで残念。90年頃は千葉で見た翌日に横浜で観ても、メニューがけっこう違っていたり、また終盤の構成もその日によって違っていたので、何が来るか? っていう楽しさがあった。でも今は今で、安定してる演奏が聴いてて味わい深い(昔は中川氏が一人でぐいぐい引っ張ってる印象があったけど)。山口氏のギターもたまらなく良い。中川氏が自分の歌でギタープレイに制約がある分、彼のプレイでスリルが盛り込まれて楽しい。奥野氏のプレイは、もう最高!プレイヤーとしてどんどん高まっていってると感じる。中川氏もプレイヤーとしてとてつもなくカッコいいが、ショーマンとして変わったなぁと思う。昔はお客さん睨みつけてたのに、今はどんとが乗り移ったかのように「チャンチキ」で、格好つけた雰囲気が微塵もなくええ兄ちゃんである。欲を言えば、「ソウル・サバイバー・インスト」のように延々と弾きまくってる姿もまた見せてほしい。
個人的なハイライトナンバーは「ビッグアップル」。この気持ち良さなら、30分ぐらい続けて欲しいと思いながら踊った。2つ目は「満月の夕」。ヤサホーヤの部分でのヨウコちゃんと中川氏のコーラスにしびれた。今まで同曲を聴いた時よりもかなり分 厚く聴こえてかっこ良かったと思う。中川氏の声でコーラスが来ると、「ヘイ・ジュード」の途中でジョンの声がかぶさってくる時のゾクッとする感じにも似た興奮がある。昔メスカリンのライブで途中部分的に中川氏が歌ってた時も同じようなことを感じた。要するに、声がかっこいいんだろうなぁ。3つ目は「ノスタルジア・シンドローム」。オールド層のファンとしては、この日のプレゼントのような感じで踊り狂わせてもらった。ありがとう。
<はにーぱい(東京)>
●間に合ってよかった。
仕事の都合で平日のライブはなかなか難しく、1曲目の途中からとか2、3曲目頃にぜいぜい言いながら到着することが多い。が、今回は開始20分前に余裕の会場着。ま・さ・か「ソウルフラワー・クリーク」で始まるとは。今日ほど間に合ってよかったと思ったことはない。この出だし、懐かしいやら嬉しいやらかっこいいやら、ようこさんの登場にも大興奮。ありがとう!! ソウルフラワー。興奮冷めやらぬまま早くも泣きの「クレイジー・ラヴ」へ。何度聴いてもいい歌、信じられない歌。まさか中川の口からクレイジー・ラヴねえ・・・・・・なんて聴き入っていると新曲の「リキサからの贈もの」。もうひとつ何か欲しかった気がしないでもないが、何度か聴くうちに味が出るそんな曲かもしれない。ググッと来る響き「さよならだけの路地裏」、好評の奥野コーナーへと雰囲気はジャジーな色合いに。奥野いいぞ。見所満載の内容の濃さは、音楽変遷のスゴサを静かに熱く物語る。あんなこともこんなこともやってのけるニクイ奴ら。後半は言わずもがな飛び散る汗、歌え踊れ叫べで「ブルー・マンデー・パレード」に始まり「乳母車と棺桶」でピークに、ラストの「海行かば山行かば踊るかばね」で大ブレイク。アンコールの「満月の夕」では中川と山口氏が交互に歌うという目くるめくひと時に歌の強さを感じ、最強のライブナンバー「こたつ内紛争」で寂しさ半分を噛み締めて大暴れ。そう、もうすぐ終わってしまう。復刻版もいいけれど、セルフカバー集もいいななんて思ったりして。いい歌は今も昔も飛び越えるから。
追記・せっかくオルガンに足を上げるなら、弾くなり動かすなりしてほしかった・・・。
<YONAGA(東京)>
●三十路!
最近、筋肉痛が一日遅れてやってくる。以上!
<壁島朝彦(神奈川)>
▲PAGETOP

[ ホームライブラリ「演奏の記録」一覧 ]

copyright(c) SOUL FLOWER OFFICE, All Rights Reserved.
MORE INFO : konge@breast.co.jp