SOUL FLOWER UNION & SOUL FLOWER MONONOKE SUMMIT

ライヴ辺野古

<DVD>
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
2/24 LIVE
1. 聞け万国の労働者
2. アリラン
3. 魂花トゥルルンテン
4. ヒヤミカチ節
5. 満月の夕
6. インターナショナル
7. 新世紀平和節
8. さよなら港
ソウル・フラワー・ユニオン
2/25 LIVE
1. 松葉杖の男
2. 荒れ地にて
3. 風の市
4. 神頼みより安上がり
5. エエジャナイカ
6. 海行かば 山行かば 踊るかばね
<CD>
Exclusive Maxi Single
『辺野古節』
1. 辺野古節
<ユニオン・ヴァージョン>
2. 辺野古節
<ダンシング・ジュゴン・ミックス>
3. 辺野古節
<ネイキッド・ヴァージョン>
4. 辺野古節
<ユニオン・ヴァージョン>(インスト)
CD+DVD2枚組
DVD約115分/片面・二層/トールケース仕様/44Pブックレット封入
【本作品の売上の一部を、沖縄・辺野古での米軍基地建設阻止行動にカンパします。】
ライヴ辺野古
LIVE HENOKO
ソウル・フラワー・ユニオン&ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
SOUL FLOWER UNION & SOUL FLOWER MONONOKE SUMMIT

 BM tunes/XBBV-4001/3,990円(tax in)
 2008年3月5日 発売

2007年2月24&25日に沖縄の辺野古ビーチ(在日米軍海兵隊基地キャンプ・シュワブ側)で行なわれた『ピース・ミュージック・フェスタ!辺野古 2007〜わったーしまはわったーがまもる』の、ソウル・フラワー・ユニオン、ソウル・フラワー・モノノケ・サミットのステージ映像を完全収録!

>> 「ライヴ辺野古」特設ページ


DVD特典映像

◆『アメリカの戦争と日本』(23分)
藤本幸久監督(『Marines Go Home 辺野古・梅香里・矢臼別』)の短篇ドキュメンタリー

◆『基地はいらない、どこにも』(2分)
【予告編】小林アツシ監督映画の予告編

◆『ソウル・フラワー・ユニオン/ラヴィエベル 〜人生は素晴らしい!』(5分)
【PV】

◆『ソウル・フラワー・アコースティック・パルチザン/辺野古節』(4分)
【ライヴ映像】@神戸・長田神社 2007年12月27日

ゼロと無限大が交差する場所、辺野古に、フラワーズが吠えた

 音楽に何ができるのか。ミュージシャンに何が歌えるのか。はるか、いにしえのロック時代から、二つの設問は繰り返されて一度たりともまともな答えが出ることはなかった。
 だが、コトは簡単なことのように思うのだ。歌は権力ある者の側にはなく、歌は持たざる者、現世に苦しむ人たちの心の中にこそあって、歌は歴史的に彼らのなかで熟成・醗酵してきた。答えの根は、そこにある。ぼくらが今知っているほぼすべての音楽がその「根」とつながる。だから、音楽に何ができるのか? ではなくて、なぜ歌手は歌うのかであり、それは母体へと回帰すること、その激しい衝動なのである。
 沖縄の拝所を訪ねればわかるが、根とつながる場所には何もない。殺風景な空間だけがあって、ぼくらはそこで過去と永遠を感じることだけを求められている。そして、昨年(2007)の2月、辺野古の浜辺にも拝所ができていたんだね。そう思うのはぼくだけだろうか。この、ある意味、ロック世紀の究極とも言える(二つの)ソウル・フラワーズの実況映像が何よりも物語っているじゃないか。ほとんど何もない場所で、恐ろしく情熱的に歌い演奏するフラワーズ! そのナゼは、彼らが母なる根の場所に帰ってきたからこそ「歌えた」…のだった。
 沖縄本島・名護市の外れ・ど田舎のHENOKOは、現代日本のヘソである。HENOKOには戦争と平和、支配と被支配、差別と貧困、そして環境問題…「人と地球」のすべてが勢ぞろいしていながら、見た目は単なるひなびた漁港なのだ。なにか「ある」とすれば浜辺を分断するサビた鉄条網くらいか。ジュゴンなんて見えやしない。だがソウル・フラワーの人たちは、そしてこの二日間のイベントに参加したぼくらは、感じていたのだ。本当の歌のありかとは、「ここ」であったのだと。ゼロと無限大が交差する場所、辺野古に、やはり彼らフラワーズはやってきた。そして吠えた。その大切な記録である。
(追記:たっぷりあるライナーも素晴らしい。特に、文字通り命を賭けて非暴力運動をされておられる平良夏芽師のお言葉は、何度読んでも胸に突き刺さる)
(藤田 正)