オンライン魂花時報WELCOME TO NAKAGAWA TAKASHI'S WORLD中川敬のシネマは自由をめざす!リスト > ナイト・オン・ザ・プラネット
NAKAGAWA TAKASHI'S ALL CINEMAS GO FORWARD TO FREEDOM !
ナイト・オン・ザ・プラネット
  (1991年 アメリカ)
  監督: ジム・ジャームッシュ
  原題: NIGHT ON EARTH
  主要舞台: ワールド
   

  タクシーという名の走る密室。そこは一期一会、運転手と乗客のみが作り得る濃密な小宇宙だ。本作は、ジャームッシュの作劇術が冴え渡る短編オムニバス形式で、ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキの、同時刻の異なる五つの街をゆくタクシー運転手を巡る人情喜劇である。人種、階級、ジェンダー、身体性等にまつわる、複雑に交差するマイノリティ同士の差異が、既存するカテゴリーをこなごなに粉砕してゆく。そんな小気味良さがここにはあるのだ。

  一話目はロサンゼルス。一見はすっぱな運転手、コーキー(ウィノナ・ライダー)が乗せた客はキャスティング・エージェントのヴィクトリア(ジーナ・ローランズ)。ヴィクトリアは、コーキーの乱暴な言葉、横柄な態度に呆れながらも、次第に彼女特有の魅力に気づいてゆく。
  新作の女優探しに一苦労のヴィクトリアは、強烈な個性を発散するコーキーに突如、映画出演の誘いを振るが、コーキーは、整備工になる夢があるから、とキッパリ断わる。「映画スターになる話なのよ!」「あたしの生きる道じゃないわ」。ヴィクトリアは唖然としながらも、夢に邁進するコーキーをまぶしそうに見つめるのであった。不敵でキュートなウィノナ・ライダー、貫禄のジーナ・ローランズ、共に絶妙な配置である。
  二話目はニューヨーク。夜更けの寒空の下、さんざん乗車拒否に遭った若い黒人男ヨーヨー(ジャンカルロ・エスポジート)。やっとのことで拾ったタクシーの運転手ヘルムート(アーミン・ミューラー・スタール)は、東ドイツ移民で、今日が仕事の初日。運転も英語もたどたどしいヘルムートにイラついたヨーヨーは、ヘルムートと運転を変わりブルックリンへと向かうのだ。とぼけたやりとりを交わす内に、以前サーカスの道化師だったというヘルムートと、ヨーヨーは次第に打ち解けてゆく。偶然拾った義妹アンジェラ(ロージー・ペレズ)と大喧嘩をしながら、ヨーヨーはようやく帰宅。支払い時にヘルムートが言う。「お金は必要だが重要ではない」。けだし名言。そしてヘルムートのタクシーは、夜のビッグアップルへと消えてゆくのであった。
  この「ニューヨーク編」が実にいい。ジャームッシュの本領発揮、ヨーヨーとヘルムートの馬鹿馬鹿しいやりとりが最高だ。
  三話目は午前四時のパリ。絡み酒の二人組カメルーン人の客に腹を立て、彼らを無理矢理降ろした運転手イザーク(イザーク・ド・バンコレ)は、コート・ディヴォアールからの移民だ。イザークが次に乗せた客は盲目の若い女(ベアトリス・ダル)。道順を指図した上、トンネルに入ったら「この道じゃないわ」と注意する女に、ムッと来たイザークは、「俺の肌の色が分かるか」と絡む。女は、どうでもいいといった風情で「そんなことに関心ないわ。私は色を感じるのよ」と言い、ついでにイザークの出身地まで見事当ててしまう。目的地のロワーズ河岸に着き、歩き去る女にイザークは「気を付けて」と声をかける。「あんたこそね」。そして女の耳には、車が衝突する音と「お前は盲人か!」とイザークを罵る声が聞こえるのであった。見事なオチだ。
  四話目はローマ。陽気な運転手ジーノ(ロベルト・ベニーニ)は、心臓の弱い神父(パオロ・ボナチェッリ)を乗せる。持ち前のマシンガントークの下品この上ない懺悔話で、遂には神父を死に追いやってしまう。抱腹絶倒、ベニーニならではの独壇場である。
  そして最後は午前五時のヘルシンキ。辺り一面雪化粧の街で、運転手ミカ(マッティ・ペロンパー)は、泥酔男アキ(トミ・サルミラ)と同僚の労働者二人(カリ・ヴァーナネン)(サカリ・クオスマネン)を乗せる。アキにとって今日がいかに不運な一日であったのかを説明する二人に、ミカは「その程度の不幸か」と吐き捨てながら自体験を語り始める。
  待望の赤ん坊が未熟児で一週間の命だと宣告されたミカと妻は、愛情を押し殺して過ごしていたが、赤ん坊は小さな体で三週間生き続けている。「あなたは間違っている、あの子を愛するべきよ」。しかし、愛情を注ごうと決心した翌朝、病院では赤ん坊が息を引き取っていた……。話を聞いた二人は悲話に啜り泣き、ミカを抱擁して車を降りてゆく。残された泥酔のアキを降ろし、ミカのタクシーは早朝の雪路を走り去るのであった。

  運転手稼業という「下層労働」の苛酷さ、ユーモアに彩られたペーソスの闇から、人間臭い、人懐っこいエピソードが立ち上るのだ。
  なお、全編流れる音楽はトム・ウェイツ。軽妙な滑稽、さりげない哀感に花を添える。最強タッグ(ジャームッシュ&ウェイツ)は本作でも絶好調だ。
  「俺の持っているものといえば、自分の墓に飾るポケット一杯の花だけ……」
  地球は回る。そしてタクシーは走り続ける。